株式会社アライドマテリアル

ホーム > 製品情報 > 金属加工部材 > セラミックスコートモリブデン板

セラミックスコートモリブデン板

焼成時の溶着防止効果をもったモリブデン板

焼成プロセス時の溶着、反応に困っていませんか?
当社独自のセラミックスコートを施したモリブデン板を使用することで、溶着防止はもちろん、 さまざまなメリットがあります。
従来セラミックス板を使用されている場合は、炉サイクル時間の短縮、部品のチャージ量アップ、 焼成物の精度向上の効果が、コート無しのモリブデン板を使用されている場合は、溶着防止もしくはセラミックス板との併用が不要になります。
焼成物にあわせて、コーティング組成を選択可能なほか、板だけでなくボートやその他加工品にもコートすることが可能です。

焼成時の溶着防止効果をもったモリブデン板

スクロールで表全体をご覧いただけます。

用途 コーティング品種 外観色 組成例 使用温度例
(水素雰囲気または真空中)
膜厚
焼成用敷板
MIM製品
(SUS系 Mo,W合金系)
ホワイトアルミナ 白色 Al2O399.0% 1400℃ 30~150μm
グレーアルミナ 灰色 Al2O3-2.5%TiO2 1400℃
アルミナ-ジルコニア 灰色 Al2O3-43%ZrO2 1700℃
ジルコニア-イットリア クリーム色 ZrO2-8%Y2O3 1400℃
ジルコニア-シリカ 白ベースに黒斑点 ZrO2-33%SiO2 1400℃

スクロールで表全体をご覧いただけます。

板材 溶着防止
反応防止
厚み
(薄い)
熱伝導
(高い)
反り
(耐変形)
特徴
セラミックス板 × × × 昇温/降温に時間がかかる、
板厚厚いことからチャージ量少ない
板の寿命が短い、焼成物の変形
モリブデン板(コート無し) × 溶着防止にはセラミックス板との併用が必須
セラミックスコートモリブデン板 溶着防止しつつ、チャージ量アップ、
昇温/降温時間の短縮が可能

従来セラミックス板を使用されている場合は、炉サイクル時間の短縮、チャージ量アップ、焼成物の精度向上が、従来コート無しのモリブデン板を使用されている場合は、溶着防止効果が得られます。