株式会社アライドマテリアル

ホーム > Q&A > ヒートシンクについて

ヒートシンクについて

PCM、RCMの熱膨張の異方性とは?
圧延方向と圧延垂直方向で膨張係数に差があるということです。異方性がないPCM、RCMを提供する事も可能です。
材料を購入できますか?
基本的に材料販売は行っていません。形状加工+表面処理(めっき等)を行った部品販売を行っています。
材料にはんだ付けは可能でしょうか?
材料自体にはんだ濡れ性がなく、表面処理(Ni等)が必要です。
少量でも購入可能でしょうか?
少量も対応しています。
試作製品であれば短納期対応も可能でしょうか?
お客様の要求納期にお応えできるよう検討いたしますので、ぜひお問い合わせください。
PCM30の30って何でしょうか?
PCM、RCMの後ろについている数字は、Cuの含有率(wt%)です。
CPCの後ろについている数字は何でしょうか?
Cuと※PCMとCuの層厚の比になります。
例えばCPC141は、Cu:PCM:Cu=1:4:1であることを表しています。
CPC-300のみ、熱伝導率が300W/mKであることを表しています。
※PCM:銅モリブデン合金の当社呼称
レジスト加工は可能でしょうか?
熱硬化式であれば対応しております。詳細はお問い合わせください。
標準的なデザインガイド(寸法精度等)を知りたいです。
デザインガイドを営業担当がお持ちいたします。