株式会社アライドマテリアル

ホーム > Q&A > モリブデンについて

モリブデンについて

タングステンとの違いを教えてください。
比較的低温でも加工性に優れています。 タングステン、モリブデン、ともに高融点、高比重、低熱膨張、高熱伝導という似た特徴をもっていますが、特にモリブデンの加工性はステンレス相当で、加工の難しいタングステンと比べて、単純な曲げ加工のみならず、プレス、絞り加工や複雑な切削加工も可能というメリットがあります。
よってタングステンほど高温を必要としない環境では、モリブデンが使用されます。
サイズ・形状の制限はありますか?
製品リストに無いサイズでも、ご要望に応じて製作いたします。
当社は世界トップクラスの大型圧延板から極小加工品まで、幅広い製造を得意としています。さらに多種多様な材質の品揃えにより、ご要望に応じた製品をご提供させていただくことが可能です。ぜひご相談ください。
大気炉では使用可能ですか?
使用できません。
真空もしくは還元雰囲気炉で使用する必要があります。
常温では酸素とはほとんど反応しませんが、500℃以上で急速に酸化し、650℃以上では昇華します。
よって、真空炉もしくは水素等の還元雰囲気炉で使用する必要があります。